就活するための心構え

就活するときに第一に考えなければいけないのが、自分が会社に入って何をしたいのかなんです。企業の人事担当者として、何も実績のない新人の学生に対して、何を求めるかというと、ポテンシャルの高さは勿論のこと、当社に入社してどのような貢献ができるかを想像することが必要なのです。それが明確になる学生については採用したいと思うのです。
そのため企業としては、入社して何をして学生自身が成長して、その成長が会社に良い影響を与えると言うような相乗効果を期待しています。面接では、会社に入ってしたいことに加えて、自分の将来的なビジョンを説明できれば採用される確率は高くなると考えられます。
最近の就活では就職難である状況もありますが、学生が就活塾等を利用しているためにどの学生も一律であり個性がなく無難な回答が多く、面接している企業の人事担当者としても飽きてしまうことがあげられています。そのため就職するための面接の回答以外にも、実際に採用された場合にどのように自分が成長して企業に貢献するかを具体的に説明できる学生の方が目立ち、また期待ができます。そのような将来的なビジョンを持っている点も、企業人としては大切であり、そのような資質は簡単に身に付けられるものではなく、それまでの成長の過程におけるその人の生き方や考え方なのです。