就活生の服装

就活生の服装というとやっぱり、紺やグレーのスーツが一般的でしたが、今もやっぱり変わっていないようですね。会社説明会とかで集まってきている学生を見ると、一目でわかりますから、皆それなりの服装をしています。
昔から就職と言えば、リクルートスーツと言われてきましたが、今もそれは変わっていないようで、定番の紺が一番多くて、その次がグレーや黒っぽいスーツみたいです。見ているほうも、何となくフレッシュで、就活やっていますという感じが伝わってきます。
ゲーム会社のようにくだけた会社の場合、面接には普段着で来るようにいわれるところもあるようですが、それでもリクルートスーツで着てしまう学生もいます。もちろん、それで不採用になることは無いのですが、どうも他の学生と違うと目だってしまって、かえって印象が悪くなることもあります。
本当は、服装で人を評価してはいけないのですが、どうしても第一印象で目に入ってくる部分と言うのは、その後のその人のイメージを決定付けてしまうところがあります。女性の場合、美人はやっぱりイメージがいいですし、そうでないと印象が薄くなって、よっぽどそれ以外で目立たないと難しいところがあります。本当は外見で人を見てはいけないのですが、他の部分の情報が少ない時点では、仕方がないです。